クイックスタート

このページではobnizOSを対応デバイスに入れて利用する方法を紹介します。インストールなどもせずにすぐにobnizを試したい方はobniz Boardを検討ください。

1. obnizOSがインストールできるデバイスの用意

インストールできるデバイスは対応製品一覧で確認できます。

対応製品一覧

2. デバイスキーの発行

デバイスキーの発行にはアカウントの作成と支払い方法の登録が必要です。アカウントをご覧ください。

アカウント

デバイスキーはobnizOSをインストールしたデバイスを一意に確認するための秘密鍵でデバイスへのインストールが必要です。生成方法は以下をご覧ください

デバイスの作成

3. obnizOSのインストールとデバイスキーの設定

obnizOSと先ほど発行したデバイスキーを実際にデバイスに書き込みます。

OSは公開されているものを書き込むのみで、あとはデバイスキーの書き込みとなります。

OSインストール

4. ネットワークの設定

Wi-Fiや有線LAN経由などデバイスをクラウドに接続するための設定は以下をご覧ください。

ネットワーク設定

obnizを利用しよう

ネットワークにつながれば、デバイスはobniz Cloudに接続され利用できる状態になります。

レッスンが無料で公開されていますので(現在多くがobniz Board用のみです)。HTMLからの利用方法、ブロックプログラムからの利用法など参考に開発を行ってください。

レッスン一覧