nobleを利用したプロジェクトからの移植

弊社では内部でobnizのBLEを利用するnobleプロジェクト”obniz-noble”を提供しています。いまnobleを利用しているプロジェクトからobnizを簡単に始められます

インストール

Nodejsの場合

Nodejsであればnobleの代わりにobniz-nobleをインストールします。

npm install obniz-noble

そしてobnizIDを使いnobleをインスタンス化します。

var obnizNoble = require('obniz-noble')
var noble = obnizNoble("OBNIZ_ID_HERE")  // or  var noble = obnizNoble("OBNIZ_ID_HERE", {obnizOptions})

ブラウザの場合

ブラウザであれば以下のScriptを取り込みインスタンス化します。

<script src="https://unpkg.com/obniz-noble/obniz-noble.js" crossorigin="anonymous"></script>
<script>
  var noble = obnizNoble("OBNIZ_ID_HERE")
</script>

プログラム例(スキャン)

以下は最も簡単にBLEのスキャンを行う場合のサンプルコードです。

noble.startScanning(); // any service UUID, no duplicates

noble.on('discover', function(peripheral) {
  console.log('Found device with local name: ' + peripheral.advertisement.localName);
  console.log('advertising the following service uuid\'s: ' + peripheral.advertisement.serviceUuids);
  console.log();
});

nobleの利用方法はnoble公式またはobniz-nobleをご覧ください。接続・サービス・キャラクタリスティクスの詳しい操作などについてはnoble公式の操作方法に従います。

Github