obniz BLE クイックスタート

インターネット(Wi-Fi)への接続

電源を入れる

obniz BLEゲートウェイを電源(コンセント)に接続することで電源が入ります。
LEDが緑色に点灯すれば、設定可能な状態となります。

Wi-Fi設定

初期の状態では、BLEゲートウェイからWi-Fiが出力されます。

PCやタブレットなどの端末より、ゲートウェイの出力するWi-Fi(SSID)に接続してください。

1. BLEゲートウェイのWi-Fiに接続

初期の状態では、BLEゲートウェイからWi-Fiが出力されます。 PCやタブレットなどの端末より、ゲートウェイの出力するWi-Fi(SSID)に接続してください
SSID:obniz-XXXXXXXX(8桁の数字)

2. 使用するWi-Fiの選択

ゲートウェイWi-Fiに接続した状態で、設定ページ(http://192.168.0.1)にアクセスします。

使用するWi-FiのSSIDをプルダウンから選択し、パスワードを入力してください。 ※Wi-Fi (b/g/n 2GHz) 経由でインターネットに接続できます。

3. 接続

入力完了後、[Connect] をクリックすることで設定したネットワークへの接続を試みます。

成功か失敗かに関係なくブラウザは図の表示となります。

設定完了

クラウドとの常時接続が成立するとLEDが青色に点灯します。

接続に失敗した場合は、再度SSIDやパスワードの入力・設定を試みてください。

LED表示と動作状態

ネットワークの接続状況など動作状態によりLEDは変化します。
(obnizOS 3.2.0以降)

LEDの状態 色(点灯・点滅)動作状態するべきこと
青(点灯)obnizクラウドと接続済み
青(点滅)Wi-Fi接続済み。obnizクラウドと接続中この状態が続く場合、まずはネットワーク設定の見直しが必要です。
・Proxyの設定を忘れていないか
・何らかのアクセス制限がかかっていないか
またはクラウドで以下の確認が必要です。
・ライセンスが切れていないか
・ライセンスを無効化していないか
緑(点灯)起動後すぐの状態ですWi-Fiの情報がない場合は、この状態のままとなります。
Wi-Fi設定を行ってください。
また、この状態でボタンを数秒押すことでWi-Fi設定モードになります。
緑(点滅)Wi-Fiに接続中接続の場合接続の成功した場合は青(点滅または点灯)となり、失敗すると赤(点灯)となります。
赤(点滅)Wi-Fi設定モード
または
obnizOS更新中
Wi-Fi設定を行ってください。
obnizOS更新中の場合は、完了後に再起動し緑色に戻ります。
赤(点灯)Wi-Fiの接続エラーWi-Fiへの接続設定が間違っている場合があります。
・SSIDとパスワードが正しいか
ご確認ください。
場合によっては設定をリセットして再設定してください。
この状態は一定時間後に解消され再起動されることで緑色に戻ります
紫(点滅)機器設定モードデバイスに関する情報
・obnizOSのバージョン
・Macアドレス
を確認できます。
また、保存されているWi-Fiの全消去を行うことができます。
消灯電源が入っていない電源をご確認ください。
確認のために一度抜いて違う機器などを同じコンセントに接続し、再度obniz BLE差し込むことをおすすめいたします。

Wi-Fi再設定

Wi-Fiの情報がなかったりWi-Fiに接続できなかった場合は再度設定が必要となります。特に以下の場合はWi-Fiの再設定が必要です。

  • Wi-Fiのパスワードが変わってしまった
  • 現在つながっているのとは別のWi-Fiを追加で登録したい

新しいWi-Fi情報を設定したい場合は以下の方法があります。

  • つないでいたWi-Fiのない場所で再度設定する
  • ボタンを押し機器設定モードからWi-Fi設定を全消去する

機器設定モードへの変更

電源投入後すぐの状態(緑色)でボタンを数秒長押しすると機器の情報確認と設定ができる状態となります(紫色(点滅))。再びスマートフォンなどで接続してWi-Fi設定の消去等ができます。(obnizOS3.4.0以降)