ボタンから旗を動かす

ブロックプログラムのレッスンにあるUIボタン連携でも利用したボタンを使ってみましょう。

ボタンが一度でも押されたら旗を上げるようにします。

 

ボタンの表示と「もしも」

プログラムとしては、まずUIボタンを追加します。これで画面上にボタンが登場します。

次に押されたのかどうか調べないといけません。ループで押されているかどうかを調べる必要があります。
そして押されていたら旗を上げるようにします。

プログラム

最終的にはこのようなプログラムになります。

まず、ボタンを追加します。「UI」から「buttonをtextで作る」を追加します。
textの部分は「あげる」に変えます。
そして「obnizにiothomekitを接続する」でiothomekitを使えるようにします。

ループに入る前に旗を下げましょう。「iothomekitの旗を下げる」で旗を下げます。

ここからはループするように「ずっと実行」を用意して、「もしも」を中に入れることで繰り返しチェックします。
もしもの条件に「UI」にある「buttonがクリックされた」を入れます。
そして一度でもクリックされたら「iothomekitの旗を上げる」で旗を上げます。

実行してobnizとつながるとこのようにボタンが出てきます。ボタンのデザインは機種によって少し違います。

ボタンを押してみましょう。押すことで下がっている旗が上がると思います。

あなたのプログラムはインターネット経由でロボットを動かしています!
スマートフォンを持って遠くに離れても。たとえ違う国に行っても、インターネットさえあれば遠隔で動かすことができます。