Peripheral: 更新を監視

他の端末がobnizのデバイスにBLEで接続して、キャラクタリスティクスの値を読んだり書き換えたりすることができます。そういったイベントが起きたときに呼ばれる関数を設定することで読み書きに気づくことができます。

読み込みの通知

peripheral.onreadfromremoteに関数を指定することでそのキャラクタリスティクスの値が読まれたことを知ることができます。設定した関数は値が読まれるごとに呼び出されます。

characteristic.onreadfromremote = function(address){}

書き込み通知

相手がキャラクタリスティクスに値を書き込んだ場合の通知です。characteristic.onwritefromremoteに関数を設定することで書き込みを検知することができます。addressには相手(セントラル)のアドレスが、newvalueには書き込まれた新しい値が入っています。

characteristic.onwritefromremote = function(address, newvalue){
}