WebApp

WebAppストア にあるアプリをインストールすることで、プログラムすることなく用意された様々なサービスを利用できます。

WebAppの種類

WebAppには3つの種類があります。

HTML

HTMLアプリはブラウザ上で動作するアプリケーションです。ブラウザで開いている間利用することができるGUIを活用したアプリです。

サーバーレスイベント

サーバーレスイベント発生時の実行プログラムとして選択できるアプリです。プログラムはイベント発生時にサーバー上で実行されます。

ホステッド

サーバー上にホスティングされたアプリです。インストールすることでサーバー上で常時稼働されます。ホステッドアプリを利用するためにはアプリに対してアカウントに対するアクセス権限を付与する必要があります。

WebAppの作成

APIでの操作

また、WebAppを作り公開することが可能です(ホステッドのみ可能です)。認証(OAuth)を取得したユーザー(自分を含む)のアカウントをAPI経由で取得・操作が可能となります。これには所有デバイスやサーバーレスイベントなどが含まれます。

obnizクラウドAPIについてはこちらをご覧ください。

インストールの利用

また、あなたのアプリを他のユーザーが承認した上でアカウントにインストールすることが可能です。そのインストール状況をobnizクラウドが管理し、上記APIで取得可能なためWebサービスの構築が容易でスケールアウトも簡単です。作成したWebAppを一般に公開することで簡単にクラウドサービスを構築できます。

サンプルコード

WebAppのサンプルコードがGitHubに公開されています。

OAuthを利用したユーザー情報やデバイス情報の操作について
https://github.com/obniz/obniz-webapp-example-oauth

Installを用いたユーザーがインストールしたアプリ情報の取得とWebサービスの開発方法について
https://github.com/obniz/obniz-webapp-example-install

Articles