遠隔OSアップデート (OTA)

obnizOSのバージョンアップ

obnizOSは随時更新されます。インターネット経由で更新が可能です。
obnizOSを変更したいときは、まずobnizをネットワークに繋ぐことでオンラインにし、デバイス管理画面で書き込みたいバージョンを選択し「Install」ボタンを押します。obnizOSを更新した際はそれを利用するプログラムのobniz.jsなどSDKを最新のバージョンにしてください

互換性

JSONを使ったWebsocket/REST APIでの利用の場合、互換性を持っているため古いバージョンのobnizOSであっても新しいものと同じフォーマットとなっております。(ただし、新しいバージョンのobnizOSで新規に追加された機能を呼び出そうとした場合はエラーとなります)

SDKから利用する場合は、SDKのバージョンを最新にしてください。SDKは互換性を持っておらず最新のobnizOSを利用するには最新のSDKが必要です。最新のSDKは(obniz.jsは)すべてのバージョンのobnizOSに対応しています。

OTA手順

アップデートしたいobnizの電源を入れてQRコードが出ている画面にします。 このときobnizIDの下には現在のobnizOSのバージョンが書かれています。

obnizBoard以外のデバイスについて

obnizOS for ESP32などobnizBoard以外の場合は、電源を入れてonlineの状態にしてください。 デバイスとシリアル通信でobnizOSのバージョンが確認できます。

obnizのサイトに行き、コンソールをクリックします

メニューからデバイスをクリックします。

ログインしていない場合はログインが促されますので、登録/ログインして下さい

デバイス一覧にてファームウェアをアップデートしたいデバイスの設定ボタンを押します。

デバイス設定画面で、設定タブを押します。

obnizOS遠隔更新の中で、インストールしたいobnizOSのバージョンを選びます。
(通常は一番新しいものを選んでください。)
そして、インストールボタンを押します。

obnizOSがアップデートされています。20秒程度お待ち下さい

QRコードが再び表示され、obnizIDの下のバージョンが変わっていれば完了です