Wi-Fi

obniz BoardはWi-Fiを使ってobniz Cloudに常時接続します。利用できるWi-Fiの規格はスペックをご確認ください。

起動時の自動接続と手順

obniz Boardは起動後保存された設定を元にWi-Fiに接続しに行きます。
以下の順番に接続を行います。

  1. 前回接続に成功したWi-Fi
  2. スキャンした結果に含まれる過去に接続したことのあるSSIDを持つWi-Fi

設定済みのWi-Fiが見つからない場合はディスプレイにWi-Fi接続画面が表示されます。

Wi-Fi接続画面

設定に入る前にWi-Fiをどのように設定するか問われる画面が表示されます。

(obnizOS 3.0.0 以前では、Wi-Fi接続画面で、まずスイッチの位置を知らせるアニメーションが出て、その後SSID一覧が表示されます。この状態でobniz Boardは設定操作を待っています。以下の方法で設定が可能です。)

  1. obniz Boardのディスプレイとスイッチを使った設定
  2. obniz Boardが出力するWi-Fiに接続してブラウザから設定 (obnizOS 2.1.0以降)

1. obniz Boardのディスプレイとスイッチを使った設定

パスワード入力はSSID選択後にスイッチを使って行います。
詳しくはクイックスタートをご確認ください。
この方法ではDHCPが有効なWi-Fiにのみ接続が可能です。

2. obniz Boardが出力するWi-Fiに接続してブラウザから設定 (obnizOS 2.1.0以降)

上記画面が表示された状態でobniz BoardはWi-Fiを出力しています。そこにスマートフォンなどから接続することでSSIDの選択と、パスワードや固定IPやProxyの設定などが行なえます。

2-1 obniz BoardのWi-Fiに接続

obniz Boardが出力するWi-Fiにスマートフォンなどで接続します。obniz-XXXXXXXXといった名前のWi-Fiが出力されます。

2-2 パスワード入力

そのまま端末からブラウザを開き以下のURLを開くことで設定ページが開けます。OSのバージョンによりURLが異なります。

OSURL
obnizOS 3.0.2 or olderhttp://1.2.3.4
obnizOS 3.0.3 or laterhttp://192.168.0.1

接続したいWi-FiのSSIDをプルダウンから選択し、パスワードを半角英数で入力します。
完了したら「Connect」ボタンを押します。

固定IPやProxyを設定したい場合は「Option Setting」を開きます。

固定IPは

  • 固定IPアドレス
  • サブネットマスク
  • ゲートウェイIPアドレス
  • DNSサーバーIPアドレス

の設定が可能です。この中の1つだけを設定することはできず全てへの値の入力が必要です。

Proxy設定が必要な場合は

  • ProxyサーバーのIPアドレス(obnizOS3.1.0以降)
  • ProxyサーバーのPort番号(obnizOS3.1.0以降)

「Connect」を押すことでobniz Boardは接続を試みます。成功か失敗かに関係なくブラウザは以下の表示となります。その時のブラウザの表示はOSごとに異なります。

OSブラウザの表示
obnizOS 3.0.2 or olderブラウザは「ページが開けません」となります
obnizOS 3.1.0 or later以下のような設定受け付けましたという表示の画面に遷移します。

obniz Boardは成功すればオンラインとなり画面にQRコードが表示されます。失敗した場合は再度元の状態に戻りますのでパスワードなど再度確認してもう一度設定を試みてください。

Wi-Fi設定のリセット

Wi-Fi設定はobniz Boardの内部容量の許す限り保存されます。上限に達した場合、古いものから設定は削除されます

obniz Boardに保存されたWi-Fi設定を自分から削除することも可能です。詳しくは設定画面をご覧ください。

Macアドレス確認方法

obniz BoardのMacアドレスはobniz Boardの電源をスイッチを押しながら入れることで表示されるメニューから「DisplayInfo」を選ぶことで表示できます。

ハンドシェイクと常時接続

obniz Boardは設定済みのWi-Fiに接続できる限り常にobniz Cloudに接続し、接続を維持します。
接続時には工場出荷時に設定されたobniz idと秘密鍵(公開鍵はobniz Cloudに設定済み)を使いobniz Cloudと認証の後、接続します。

通信プロトコルは以下から選択されます

OSProtocol
obnizOS 3.0.2 or olderws://
obnizOS 3.1.0 or laterws:// or wss:// depends on Plan

また、通信路上でやり取りされるのはjsonではなくobniz Cloud独自のプロトコルとなっています。

obniz Boardはクラウド側の設定で、接続を行うクラウドのリージョン設定が可能です。これにより最も近い大陸のクラウドを選択することで、cloud API利用時のレイテンシを改善できます。標準では「東アジア」となっています。

詳しくはクラウドコンソール御覧ください。

接続は様々な理由(Wi-Fiの接続断、ISPの障害、obniz Cloudのメンテナンス等)により切断される可能性があります。接続が切れた場合はobniz Boardは自動的に再接続を行います。また、obniz Cloudの1つのリージョン全体が利用不可な場合は、別のリージョンへの接続も試みます。

local connect

obniz Boardはクラウドとの接続後に、自身でもWebSocket接続を受け付けるようになります。
SDKを使うことで自動的に意識することなく、obniz Boardと直接P2P接続を行います。
このP2P通信は同一ネットワークにいると推定される場合のみクラウドにより仲介され、obniz BoardのIPの通知などがSDKに対して行われます。

通信方式はWebSocket(ws://)のみ選択可能です。
また、通信路上でやり取りされるのはjsonではなくobniz Cloud独自のプロトコルとなっています。