準備物と組み立て

AI ロボットキットの世界へようこそ!

キットの中にはロボットを組み立てるための部品が入っています。

キットの内容物
  • ダンボール×3
  • モーター×2
  • キャスター
  • タイヤ×2
  • 各種ねじ
  • 距離センサー
  • 距離センサーのケーブル
  • マイクロUSBケーブル(※)
  • obniz Board(※)

※BoardなしKitには、USBケーブルとobniz Boardは同梱されていません。

 

その他 準備の必要なもの

キットの他に、スマートフォンとモバイルバッテリー、Wi-Fi環境が必要です。

必要なもの

Step0. obniz BoardをWi-Fiにつなぐ

まずは、obniz BoardをWi-Fiに接続します。
obniz Boardの起動方法、Wi-Fiへの接続設定の方法は、クイックスタートをご確認ください。

Step1. 不要な部分を取り除く

不要な部分を取り除く

Step2. ロボットの内側部分の組み立て

2番目に大きなダンボールパーツを組み立てていきます。

2番目に大きなダンボールパーツを組み立て

Step3. ロボットの外側部分の組み立て

残り2つの段ボールパーツを組み立てて、組み合わせます。

残り2つの段ボールパーツを組み立て

次にモーターとタイヤを取り付けます。軸の一部平らな部分がはまるように差し込みます。
モーターの白い軸が見えなくなるまで差し込みます。

モーターとタイヤの取り付け

Step4. ロボットの内側・外側部分を合体

Step2とStep3で組み立てたパーツを合体します。

Step5. キャスターと距離センサーの取り付け

まずキャスターを取り付けます。マジックテープをシールで貼ったら、キャスターを接着します。

次に距離センサーを両面テープで取り付けます。

Step6. obniz Boardの取り付け

obniz Boardにコードを差したら、ダンボールのポケットに設置します。

ワイヤーの位置図